秋月何時記

秋月伊槻のあれこれを書いてます

歪曲しない願望

 どうやら友人が物凄い状態におるらしい。
 誰かはとりあえず伏せてみるが、たぶん当事者が見たらわかるんだろうと思う(そりゃそうか)
 今までの軌跡がわからんので細かくコメントは出来ないが、感想ぐらいは書いてみるテスト

 ブログやサイトを経営していると、細かいレスが付くのはとても嬉しいモノです。
 例えそのレスに対してキチンとレスが出来ていなかったとしても、画面の前では小躍りするような小者なのでw
 記事に対してのレスが基本的に自由であるように、その記事自体も倫理に反しない限りは自由である権利を有しておるのです。
 それは、インターネットという世界を少しでも囓れば四方八方から溢れてくる常識であり、マナーです。

 ブログの記事の内容なんてのは、そもそもその内容が周りに与える影響を考えて書くものです。
 なぜならブログは単なる日記ではないからです。
 不特定多数の人間に公開されている、というポイント1つで日記とは大きく違うものになるのです。
 その意識を根底に置いている運営者がする行為については、アドバイスは出来るかも知れませんが強制は誰にも出来ません。
 (強いて言えば、プロバイダさんが倫理に反する記事を載せると警告してくるとか、偉い事書いてしまうと某匿名掲示板に突入されたりとかそういうのはあるかもね。)
 どんな影響をあたえ、どんなイメージを付随されるのか。そういう計算は漠然となら誰にでも出来るでしょう。
 書いている本人が認識しているのだから、その記事が気にくわなければ見ないとうい行為を選択出来るのが閲覧側の権利であり、気分が悪くなり妙な行動にでるのであればそれは義務になります。
 発言の自由。
 宗教の自由。
 自由。

 自分の欲しい物が手に入らないからといって駄々をこねても良いのは小学生までですよね。