秋月何時記

秋月伊槻のあれこれを書いてます

目的意識と的

 今まで面倒だったのと、卒業云々のごたごたがあって先送りにしてきたのだけれどもそう言う訳にもいかない現状を把握したのでここに明記して自分の中での区切りをつけてみることにしました。
 やっぱり、これは逃げ道でも何でもなくて、出来るかどうかはランナー次第なんだけども、環境を整えるとかそういうのは二の次にして、


 俺は絵描きになりたい。


 多分に今までよりも楽しくなくなるし(嫌だなぁ)難易度も高いんだろうけど、でも俺はそれがやりたくて、その為に今ここにいるので。
 不安や期待や妄想や、それに対する嫌悪やらの面倒くさい感情に向かい合うのが嫌で、なんとなく避けてきた話題なんだけど、何時までも逃げてはいられないし俺の話しだし。
 きっと反吐が出るほど甘くて気持ちの悪い話なんだろうけど、いい歳して何言っちゃってんのかって話だろうけども。
 そうだよ、そんなこと知ったことじゃない。
 どうせ俺の人生は、俺の親にさえ恩を返せれば他は何やったっていいじゃないかと。
 素敵に無敵に自己中心的に思いやりを持って。迷惑さえ掛けない方法ならとがめられる事もないワケですから。


 早く給料日になれ。あと、とうたありがとww