読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋月何時記

秋月伊槻のあれこれを書いてます

芝居

 長らく離れていた芝居を見てきた
 高校の先輩がやった自主公演でした。


 さっきまで山のように感想を書いていたけど、凡ミスで消えて無くなったので、総評だけ。


 芝居は人間が集まって作るモノで、誰かを思いやる気持ち無くして一人で作れるモノではない。
 それでも一人で作ろうとした芝居は作品として完成せず、面白いどころか痛々しい。
 観客すら可哀想な人になってしまう、くだらない、作品と呼ぶ事の出来ない「何か」になってしまいます。


 今日僕が見に行ったのは「一人で作ろうとした芝居」でした。


 これはゴブリンと呼ぶにふさわしいwww