秋月何時記

秋月伊槻のあれこれを書いてます

迫り来る吐き気

 ここのところ作品作りやら、イベント参加やらでキャラクターの生い立ちや心情にかまけていて「自分」が随分蔑ろだったみたい。
 自分の「モノを好きになるプロセス」がこんなにも歪んだ形になっていたなんて思いも寄らなかった。


 どうりで最近コミックスを買えなかった訳だ。
 どうりで最近モノを見て感動出来ない訳だ。
 どうりで最近金遣いが荒い訳だ。
 どうりで最近一人で居るのが苦痛な訳だ。
 どうりで最近忍者がマイブームな訳だ。


 臆病で、卑屈で、歪んでいる。


 ハズカシイので書きませんが、凄い凹んだ。
 でもこういう発見は一人では出来ないので、僕は良い友人に恵まれたといえるでしょう。


 絵を描いて元気だそう。